麺類

2021年02月26日

限定品!!!ペヤング超大盛やきそば!!!

そう・・・

おなじみ「ペヤング超大盛やきそば」の限定品!!!であります・・・


DSCN9265

限定品なのでサイズは38cm×27cm・・・




ん???




「超大盛」のはずなのに・・・


(絶対に1人で食べないでください!!!と注意書きのある)
「超超超超超超大盛」ペタマックス32cm×25cmより、さらにでかいぞっ!!!




どーゆーこと???




と、開けてみると・・・

DSCN9268

ふつーの「超大盛」1個とタオルが入ってるんですね。




DSCN9270




ええ・・・

DSCN9266

オリジナルタオル入りの限定品「超大盛」だったのでありますね!!!




もちろん・・・

DSCN9274

ふつーの「超大盛」は美味しくいただけるし・・・


ま・・・

DSCN9273

わたくしの一食分には少し足りないかも・・・




ですが・・・

DSCN9272

外容器はプランターとして使えることだし、クーラーボックスにしてもいいし・・・
「薬味用のネギも育てられます!!!」つーのもいいですねえ・・・


そう、これが過日の「へやキャン△OFF会」での、川端さんからのいただきものでした。

ありがたやありがたや・・・

つーことで次回OFF会には・・・

「超超超超超超大盛ペタマックス」の限定品なんぞを・・・じゅるじゅる




m98k at 18:26|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年02月13日

今年はあこや貝とブロッコリーのパスタ!!!

とーとつにあこや貝とブロッコリーのパスタであります。

昨年に続き中学時代の同級生S井さんからお裾分けいただいたので、半パックは鍋に入れて、
半パックはパスタで家内と食べたのですが、残る1パックを近所に住む俳句好きの友人と・・・

彼は様々な素材をアヒージョで楽しんでるとのことで、今回は調理をまかせました。



前夜から自然解凍したあこや貝とつまみや食材、酒類なんぞを実家に持ち込んで・・・

DSCN9124



DSCN9141




DSCN9127

黒ビールとビールもどきをチェイサーに安スコッチをかぱかぱ飲みつつ・・・


彼はブロッコリーとミニトマトに加え、こんなのも持参してくれてました・・・

DSCN9129


DSCN9128

ボッタルガ・・・イタリアのカラスミですね・・・はじめて食べました・・・高級品なんですね・・・
独特の風味と塩辛さが酒に合います・・・むぐむぐ・・・かぱかぱ・・・



で、まずは・・・

DSCN9126

ブロッコリーを軽く塩ゆでし、冷水で色止めしてました。さすがです。



次に・・・

DSCN9131

オリーブオイルにスライスしたニンニクと唐辛子で香りづけ・・・
唐辛子のタネは丁寧に取って、ニンニクの芯は取らずに薄くスライスして投入・・・
さらにニンニクは焦げ目がつくまで火を通してました。
このあたりは、わたくしのレシピとは真逆であります。


で・・・

DSCN9132

あこや貝とブロッコリーと半分に切った少量のミニトマトを入れて・・・


白ワインを入れフタをして少し蒸し焼きに、塩コショウで味を調えれば・・・

DSCN9134

アヒージョの完成であります・・・

って、わたくしのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノと一緒やないかっ!!!
ニンニクと唐辛子の量はやや少なめだったけど・・・

ま、陶器製の耐熱小皿に入れてパンと食すのがスペインのアヒージョのようですが、
ニンニク、唐辛子、オリーブオイルは基本中の基本で共通なんですね。

ともかく安物白ワインで美味しくいただきました。ばくばくごくごく
やはりアコヤガイは独特のコリコリ食感がいいですねえ・・・こりこりもぐもぐ

S井さん、今年もありがとね!!!


で、半分ほど食べてから、わたくしがパスタを茹でて
残りに和え、ミニトマトを散らせば・・・

DSCN9135

スパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ・あこや貝・ブロッコリーの完成!!!

こちらも美味しくいただき、白ワインを空けてから、さらに安スコッチを飲み続け・・・

ええ、夕方に彼が帰宅してから翌日までの記憶が、わたくし一切ありません・・・
いったい、誰に記憶を盗まれたんだろう・・・ぷつん



m98k at 09:51|PermalinkComments(4) mixiチェック

2020年11月21日

2020秋(こっそりと)熊野キャンプ・後編

前回記事からの続きであります。

結局13日の夜は1時過ぎに就寝、わたくしは10時間ほど飲み続けてたことになります。

で、14日の朝の様子・・・

DSCN8110

さすがにまだ土曜日の朝、広大な河原の隣にはバイクのソロキャンパーだけでした。

で、ケシュアのポップアップテントで寝ていた川端さん、いつもは早起きなんですが、
この日はどーゆーわけか起きてませんでしたし、深夜にクルマに倒れ込んでたwingさんは、
とーぜん爆睡中、最初に起きたのは車中泊にハマってる赤チャリさんとわたくしの二人。

二人だけでまったりとコーヒー(赤チャリさんは甘い紅茶)タイム後の朝食であります。

DSCN8114

熱々ハムステーキ・マフィンと熱々コーンポタージュスープ・・・

で、すっかり日が昇り、かなり暑くなってから・・・
「ううっ、頭の中で地球が廻ってるぞ・・・」と頭を抱えながら起きてきたwingさんと、
「ひさしぶりのキャンプであまり熟睡できませんでした。」と起きてきた川端さんも、
持参されてた甘いパンと熱いコーヒーで軽い朝食。

10時半には恒例の湯ノ口温泉へ出発、今回はわたくしのクルマで移動しました。

「えっと、どっちがアクセルやったかな・・・えいっ」

「わっ、芝生で急発信しないで下さい!!!」

「ひさしぶりの山道で分岐点を忘れてるな・・・ここかっ、えいっ」

「わわっ、急ハンドルと同時に急加速しないで下さい!!!」


とか、みなさん楽しい山岳ドライブで・・・

DSCN8116

無事?に湯ノ口温泉に到着・・・

泉質を選ぶ川端さんも、この温泉は大丈夫とのことで、四人でまったりと湯治・・・

とーぜん入浴後は・・・

DSCN8115

フルーツ牛乳を飲むwingさんと、それを撮りつつビールを飲む98kさん。
そう、帰りは「安心の赤チャリ運転代行」にお願いしてたのでありますね。げひげひ

ま、

DSCN8119

穴があれば照射してみるとゆー、みなさんでしたが・・・


昼過ぎにはテントサイトに戻り・・・
                                                                                 (wingさん提供画像)
P_20201114_124104_vHDR_On_HP



P_20201114_125654_vHDR_On_HP


P_20201114_130006_vHDR_On_HP

わたくし特製のシャウエッセン・ペペロンチーノ・アーリオ・オーリオ・パスタ・・・
ま、いつもこれなんですが、トスカーナから送ってくれる「素」があるもので・・・

「って、wingさん、画像ばかり撮ってないで、しっかりと混ぜてくださいよ!!!
茹汁で乳化させたオイルを、いかにパスタと絡ませるかがポイントなんですから!!!」

とか指示しつつ飲みつつ、まったりと昼食宴会・・・


とーぜん、その後も・・・

DSCN8122



DSCN8124

川端さんが持参された高級・芋けんぴや・・・




DSCN8127




DSCN8128

超高級・手づくり京金平糖をはじめ・・・




DSCN8125

わたくしが持参した掘りたて・京落花生を茹でたり・・・




DSCN8129

wingさんが持参したドローンを・・・




DSCN8131_LI

ラジコンカー大会での上位入賞経験を持つ赤チャリさんが操縦したりして・・・

タープの下で、みなさんはライト談義、わたくしは覚醒と半覚醒と飲食をくりかえしてると、
あっとゆー間に暗くなり・・・


これまた恒例のプテチゲ(部隊鍋)夕食宴会に突入・・・

DSCN8139

今回は赤ウインナーが残ってたのでスパム代わりのボロニアソーセージは入れませんでしたが、
赤ウインナーは鍋に入れると、特に皮の食感がイマイチになりました。
やはり焼くか炒めるのが一番ですね。



「部隊鍋には赤ワインでしょう」と・・・

DSCN8134

ようやく蘇生されたwingさんが出してきたイタリア・ワイン・・・


川端さんが大量に持参されてたトッポギ・・・

DSCN8140

やはりわたくしのダッカルビパンを意識して食材を選んでくれてたんですね・・・
そーいや、wingさんも赤チャリさんもキムチを持参されてたようだし・・・
ま、今回はご飯を炊かなかったので出番はありませんでしたが・・・

昼はTシャツ1枚でも暑いぐらいでしたが、夜になると急激に温度が下がり、この夜も全員が
ドームタープ内に移動して、ライト談義とヲタ話が続きました。


で、珪藻土かんてき(七輪)の炭も消えかかる頃・・・

DSCN8149




赤チャリさんがいそいそと取り出してきたのは・・・

DSCN8146

なんと風船プリン!!! これは知りませんでした・・・


針(実際には川端さんのチタン製爪楊枝!!!)をプチンと刺すと・・・

DSCN8147

球形のプリンになり、添付のカラメルソースでいただきました。

さすがに土曜日の夜で、周辺でも家族連れがキャンプしてたので11時には就寝しましたが、
今回はずっと風もなく好天で、この夜も星空が見事でした。



で、15日の陽が差す直前の様子・・・

DSCN8154





DSCN8156

さすがに前日よりキャンパーは増えてましたが、まだ充分に間隔はありました。
やはり連休を避けて通常の金土日にしたのは正解でしたね。
そう、一泊だと移動日だけになるし・・・


で、この日も遅くまで起きてこなかった川端さんのケシュアテント1人用・・・

DSCN8151

ま、この日は「ひさしぶりに熟睡できました」とのことでしたが・・・



奇跡的に二日間とも早起きした98kさんのダンロップテント3人用・・・

DSCN8152

ええ、呼気で濡れた内部も乾かすため、朝からメッシュもフルオープンにしてました・・・
ま、この選択が撤収時の危機を・・・



で、広い河原に陽があたりはじめると、たちまち・・・

DSCN8158

タープやフライシート、黒いクルマなどから、もうもうと水蒸気が発生・・・
ちなみにwingさんは動画でも撮られてました。


この日のコーヒー(と甘い物)タイム後の朝食は・・・

DSCN8161

昨夜のプテチゲ(部隊鍋)スープを薄めた中華太麺!!! 寒い朝は熱い麺類が温まりますね。

で、赤チャリさんから「98kさん、麺を箸で持ち上げてください。」とポーズ注文が・・・

                      (wingさん提供画像)
P_20201115_102535_vHDR_On_HP

そう、麺類では定番となった「箸上げ」ですね。ま、これはあまり映えませんが・・・

とか、まったりと朝食を終え、その後も甘いものなどでダベり続けてましたが、わたくし、
すっかり乾いたテントを撤収しようと、フライを外して中のマットを持ち上げると・・・

                         (以下wingさん提供画像)
PB153185 (1)

「わわっ、マットの下からムカデさんがっ!!!」

「おおっ、それは獲らねば、もとい撮らねば・・・わくわく」と喜ぶwingさん


ええ、

PB153194 (1)

けっこう大きなムカデさんで、フルオープンにしてたドアから入ったんですね。
知らずに口に入れたり、もとい掴んだりしてたら、痛い目に遭うところでした。
やはりメッシュだけでも閉めておくべきでしたね。

ま、ムカデさんには・・・

PB153227

子どももいる芝生だと危険なので、河原の低水位敷へ帰ってもらいましたが・・・


と、昼前には完全撤収して途中で昼食を食べてから解散しよう・・・と決めたのですが、
ぐだぐだヲタ話をしてたら昼を過ぎ、2個分だけ残ってたハムステーキ・マフィンと・・・

P_20201115_133611



P_20201115_134055


P_20201115_134125 (1)

wingさんの巨大ベーコン・ブロック、赤チャリさんの食パンと玉子を2回に分けて調理、
ベーコンエッグサンドにして、ちょうど4人分の昼食にしました。
もちろん黒胡椒はサラワク・ペッパーであります。

で、わたくしは311号で上富田から阪和道へ、夜しか走らない赤チャリさんは暗くなってから
仮眠しつつ168号を北上することに、wingさんと川端さんは、しばらくのんびりしてから
吉備湯浅インターを目指して311号の途中から山道で帰ることになりました。

暗くなれば走らないことにしているわたくしは一番早く、2時半に現地を出発したのですが、
通常の日曜日にもかかわらず吉備湯浅インターまで14kmの渋滞!!!、帰宅したのは7時半で、
金曜日の往路は3時間だったのに日曜日の帰路には5時間もかかりました。
こんなことならwing号を追従して山道を行けばよかった・・・ううっ
ま、こんなご時世なので、近くでアウトドアを楽しむ方が増えてるのかも知れませんね。

とまあ、ライトOFF会とは言いながら今回は照射画像やライト画像が一切ありませんが、
メスティン以外にも、いろんないただきものもありますので、いずれまた・・・
でもキャンプから帰ると、どーゆーわけか新しいモノが欲しくなるんですよね。

wingさん、赤チャリさん、川端さん、
ひさしぶりのキャンプOFFで、とても楽しかったです!!!
いつもながら、今回も色々とありがとうございました。
感染状況が落ち着いたら、いつものキャンプ仲間に加えて、このサイトでお誘いしている
ライト好きの方々にも来てもらい、大人数でのOFF会をやりましょう!!!



m98k at 00:11|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年11月10日

正倉院展 to クラフトビール・・・

まいどとーとつですが・・・

先週のはじめ、開催中だった第72回・正倉院展に行ってきました。

ええ、あいにくの雨でしたが・・・

DSCN7994

会場の奈良国立博物館(新館)であります。(正倉院展は11/9で終了)

ちなみに風情のある旧館は現在「仏像館」になってて、新館とは地下回廊でつながっており、
回廊展示も仏像館展示も、なかなか見ごたえがあるのですが、今回は立寄りませんでした。



DSCN7984

入館時間帯が区切られてて、今年は各回の人数も少ない完全予約制で3密対策されてましたが、
おかげで会場内は混み合うこともなく、ゆったりと観覧できました。

ま、「館内での会話はご遠慮下さい」つーことで、同行したダッシュP18乗りの友人との
展示を前にしてのウンチク合戦はできませんでしたが・・・


さらに恒例により・・・

DSCN7987

このエントランスから先は撮影禁止で・・・



唯一撮影可能だったコーナーがこちら・・・

DSCN7989



DSCN7992



DSCN7991

古いホンモノより、こちらの新品の方が、とーぜん鮮やかですね・・・

ここで再現の記録動画も観ましたが、フェルトつーのは、羊毛に湿気や熱を加えつつ、
何度もぐるぐる巻いては押し固め、さらに表面に文様を付けるのも、基本は同じなんですね。
当時の手法による再現なので全て手作業、何百回も体重をかけてごろごろやってました。

ちなみに、今回の展示の中では室内ゲーム用の「弾弓」つーのが興味深かったです。
矢のかわりに弾を使う弓、つまりスリングショットは、奈良時代には日本にもあったんですね。


と、この日はずっと雨だったので紅葉の奈良散策は断念、そのまま近鉄・奈良駅前に戻り、
駅前にできてた「大和醸造」の併設レストランへ・・・

DSCN7996


DSCN7997

DSCN8004

今年オープンした近鉄系のブルワリーであります。




で、まずは11月3日から新発売された限定醸造「ホッピーラガー」つーのを・・・

DSCN8005



DSCN8006

Lサイズで470mlでしたが、確かに苦味が効いて複雑なのどごし、とてもおいしかったです。

「んぐんぐ・・・やはりビールには唐揚げやな・・・」と
ダッシュP18乗りの友人

「いやいや、やっぱビールにはピザやで・・・ごくごく」と98k


で・・・

DSCN8010



DSCN8000


DSCN8008

食べる前に撮ればいいものを・・・がつがつ

どちらもボリュームがあったし、とても旨かったです。ばくばく


と、一杯目はあっとゆー間になくなり・・・

DSCN8007

さらにアルコール度数が高い
IPA(インディア・ペールエール)タイプのLサイズを追加・・・
ええ、さらに苦味が効いてて、こちらもおいしかったです。ぐびぐび


いつもはお安いビールもどきばかりだけど、ビールつーのも奥が深いんですね。

DSCN8003



ちなみにこのお店・・・

DSCN8001

他ブルワリーの地ビールも日替わりで置いてましたが、今回は軽く二杯だけで・・・ひっく




と、店を出れば目の前に行基像の噴水があって、その後ろが近鉄奈良駅・・・

DSCN8016

ええ、電車に乗る頃には、けっこう廻ってました・・・ひっく


と、大阪難波駅に着いたら、とーぜん改札内にある・・・

DSCN8024



DSCN8021

なにわ麺次郎(の今回は黄金貝ラーメン!!!)で〆ましたとさ・・・げふっ



m98k at 00:10|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年11月04日

手塚治虫記念館と宝塚歌劇!!!

先月末になりますが、わたくし・・・

はじめての手塚治虫記念館と、約半世紀ぶりの宝塚歌劇を鑑賞してきました!!!

ええ、植林ボランティア仲間の娘さんがデビューされたのを機会に・・・



と、まずは一人で阪急・宝塚南口駅で下車、ちょうど昼前だったので・・・

DSCN7868




DSCN7869

駅ビルにあった天津とゆーお店で・・・



この日の日替わりランチ・・・

DSCN7871

豚肉とキャベツの豆鼓炒めラーメンセットをいただきました・・・
衣をつけて炒めた豚肉とたっぷりキャベツの具材もスープも麺もおいしかったです。


DSCN7873

完食完食・・・げふっ



と、お腹いっぱいになって武庫川に架かる宝塚大橋を渡ると・・・

DSCN7874


DSCN7875

左手には宝塚大劇場・・・




右手には・・・

DSCN7880

手塚治虫記念館が見えてきます。



ちなみに橋を振り返ると・・・

DSCN7878




DSCN7879

手のひらに乗ったおねいさんが「いってらっしゃいませ!!!」・・・




と、まずは手塚治虫記念館へ・・・

DSCN7928

こちらでは火の鳥さんがお出迎え・・・


内部は・・・

DSCN7883




DSCN7884

こちらの企画展以外は撮影自由つーことで、けっこう画像も撮ったのですが・・・



DSCN7887

一階のメイン展示はこんな感じ・・・



DSCN7886

ええ、じっくりと各カプセルを鑑賞しましたが、とても全ては紹介できませんので・・・


今回は宝塚歌劇つーことで、少女漫画の展示からいくつかのみ・・・

DSCN7888


DSCN7894



DSCN7895



DSCN7897



DSCN7898

まさにタカラヅカの世界・・・

巨大眼球の中に宇宙がある少女漫画の描き方は、この後、定番になったとか・・・


一階の奥には立派なミニシアターがあって、この日は・・・

DSCN7902



DSCN7903


DSCN7904

15分ほどの短編でしたが、昔の「ある街角の物語」や「展覧会の絵」みたいな実験作品で、
けっこう面白かったです。
そーいや、学生時代のSF研のはじめての学園祭出店は映画喫茶で、これらの実験作品と、
カトリーヌ・ドヌーブCFとの組み合わせ上映をやったけど、お客さん少なかったなあ・・・
ま、プロレスショーになってからは超満員になり毎年会場も大きくなって・・・うるうる



ちなみに・・・

DSCN7905



DSCN7906

このあたりは(創刊号はないけど)ガロとかと一緒に実家に眠っているはず・・・。


と、二階では企画展が開催されてて、CAPCOM作品や手塚キャラとのコラボなどの展示で、
けっこう楽しめたのですが撮影禁止だったので画像はなし、続いて地下に下りました。

DSCN7923

地下はアニメーター体験ができるコーナーがメインなんですが、



DSCN7915

手塚治虫が幼少期より暮らしていた宝塚との関係コーナーもあって、



DSCN7911



DSCN7912


DSCN7913

11歳の作品としては、やはり凄いですね。


で、本人も書かれてるように「徹底した昆虫マニア」だったので・・・

DSCN7916

小学校5年の時には、今のペンネームにされてたんですね・・・



さらに漫画家としてデビューしてからも、しばらくは宝塚で暮らしてたので、

DSCN7910



DSCN7909

宝塚歌劇の機関誌にも漫画を書いてたとのこと。知りませんでした。
レポートですから、しょっちゅう歌劇も鑑賞されてたんでしょうね。


と、手塚治虫と宝塚歌劇と昆虫の関係を理解してから・・・

DSCN7930

有名な「花のみち」を歩いて宝塚大劇場へ・・・



DSCN7933


DSCN7935

沿道もそれらしい雰囲気であります。


で、開演まで時間があったので・・・

DSCN7940



DSCN7941

武庫川沿いの広いテラスでまったりしたり・・・



次回OFF会キャンプに着ていく衣装を選んだり・・・

DSCN7943


DSCN7945



やっぱ、こっちにしようかな・・・

DSCN7942

とか、悩みつつ、チケットカウンター前で奥様と合流して大劇場へ・・・




DSCN7947

やはり女性客が圧倒的でしたね。



んで、向かって左側に・・・

DSCN7948


DSCN7949

今回の公演が初舞台となる第106期生39名の紹介パネルがありました。
本来なら4月が初舞台の予定だったのが、コロナ禍で大幅に遅れてたようです。



で、

DSCN7950



DSCN7952

こちらの花咲美玖ちゃんが植林ボランティア仲間の娘さんなのでありますね!!!

いつか「タカラジェンヌと行くボルネオ植林・照射ツアー」とか実現したいですねえ・・・

ちなみに美玖ちゃんは宙組に配属が決まり、来年1月からの東京宝塚劇場公演に出演!!!
関東の皆さんも応援してあげてね!!!
(追記です。次回出演は東京宝塚劇場
「アナスタシア」2021年1月8日~2月21日です!!!)



と、今回の月組公演は・・・

DSCN7936

坂東玉三郎監修で日舞中心の「WELCOME TO TAKARAZUKAー雪と月と花とー」と、
ミュージカル「ピガール狂騒曲」の二部構成・・・


しっとりした日舞もよかったけど、パリ万博の頃のムーラン・ルージュを舞台にした、

DSCN7959

こちらのミュージカル、いかにもヅカっぽくて楽しめましたねえ・・・

最初に書きましたが、わたくしが宝塚で歌劇を観たのは約半世紀ぶり・・・
高校時代にヅカファンの友人に誘われて、放課後に学生服のまま鑑賞したはずですが、
第一次「ベルばら」ブームの前だったので、大劇場も建て替え前のはず・・・
出演者はもちろん周りの観客も全員が女性で、男子校だったわたくし、ぼーっとなってて、
演題も内容も覚えてませんが、ともかくはじめて知った別世界に吸い込まれました。
で、それ以降、りぼんやデラマなどを定期購読するようになり少女漫画の世界にも・・・
そう、SFと同じく少女漫画の世界も、しばし現実を忘れさせてくれましたからねえ。


と、今回もひと時の別世界を楽しみ・・・

DSCN7961

DSCN7962

公演終了後は「花のみち」を阪急・宝塚駅前まで歩いて、お安い居酒屋でかぱかぱ、
さらに現実から離れて、つーか訳が分からなくなって・・・



DSCN7966



DSCN7964


DSCN7963

奥様に連れて帰っていただいたようです。ひっく



m98k at 00:04|PermalinkComments(0) mixiチェック