麺類

2022年08月08日

備蓄用???鍋用ラ王・・・

前回記事に続き・・・ま、今回は季節外れですが・・・
災害備蓄用に購入していた鍋用ラ王のご紹介であります。

ま、災害備蓄用つーよりは緊急宴会用なんでしゅが・・・

P9050385

キムチ鍋など、こってり系鍋に合う!・・・じゅるじゅる





P9050386

最後の濃くなった鍋つゆでもしっかりと麺が戻るように開発・・・じゅるじゅるじゅる

おなじみ部隊鍋(プテチゲ)で試しましたが、確かに濃いスープでもしっかりと戻り、
煮込んでも崩れず、生麵に近いシコシコツルツル食感で、なかなかのモノでした

賞味期限は半年以上あり、ローリングストックしておくにも安心です。
ま、我が家で鍋シーズンを過ぎて残ることはなく、この秋に追加予定なんですが・・・
そう、季節によるローリングストック品ですね。

わたくしが現在お気に入りの中華太麺はこちらの記事の画像右上にあるモノなんですが、
寒い季節の災害時には残った食材での鍋つーか「ごった煮」は必須アイテムだろうし、
別にご飯を用意しなくてもいいので災害備蓄用としてはもちろん、たとえば・・・

自宅に簡単鍋具材があって麺だけがない場合、わざわざ買いに行くのもめんどーだし・・・
キャンプ宴会用に焼き物などもたっぷり用意、鍋をやっても〆の麺まで行くかどうか・・・
といった場合や、あるいは麺は人数分を用意したけど大食いがいるので念のため・・・
といった場合にも、予備として用意するのに最適かと・・・

まさに緊急宴会用!!!だったのでありますね・・・どっとはらい



m98k at 08:08|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年08月05日

備蓄用???早ゆでパスタ

ひさしぶりの災害備蓄用???食品のご紹介・・・早ゆでパスタであります・・・

P9090366

太さ1.6mmで標準ゆで時間3分つーのは確かに早ゆでですね。
時間のない時や燃料を節約したい災害時やキャンプ用にと(やや割高でしたが)買ってみました。
ええ、わたくしがふだん大量に食べているパスタ類はもっとお安いのばかりです。





P9090367

切り込みを入れてゆで時間を短縮、ゆで上がると標準品の丸い形状になる、とあります。

1年前に買ったものですが賞味期限はまだ2年ほど残ってますね。
乾麺は賞味期限が長いので備蓄用にも安心ですが、たっぷりのお湯で茹でるのが基本。
そう、災害時やアウトドアでは貴重な水と燃料の無駄になる・・・
と思われがちですが、これについては後ほど・・・

100gあたり362kcalですから500gで約1820kcal・・・備蓄しているライ麦パンの倍近いです。
確かにデュラム小麦のセモリナ100%でカロリー満点、消化もよくエネルギー効率が高いので
毎日長時間を戦うロードバイクレーサーの試合中の食事はパスタだけだとか・・・

で、この商品は「一般とは形状が異なるので電子レンジでは茹でないように」とありますが、
少ない水でふつうのパスタを茹でるには大きなフライパンが一番です。
アウトドアで小さなフライパンやクッカーしかない場合は、仕方なくパスタを折りますが、
レトルトのパスタソースを使う場合は一緒に温めれば手間が省けます。

さらに浄水が貴重な場合は、ジップロックなどに最低限の浄水とパスタを入れて、汚水でも
茹でることが可能ですし、要は工夫次第なんですね。
なのでアウトドアや災害備蓄用にも乾麺類は必須だと、わたくしは確信しています。

パスタの含水量によっても異なるでしょうが、最低限パスタが浸るぐらいの水の量でも、
くっつかないようにさえすれば、ほぼ遜色なく茹で上がりますし、慣れれば茹で上がり時に
ちょうどお湯がなくなるぐらいに調整することもできるようです。

また事前に浸水しておけば時短・燃料節約になり、生パスタのもちもち食感になるようですが、
わたくしは乾麺のつるつる・しこしこ感が好きなので、一度も試したことはありません。


ちなみに・・・

P9090368



P9090369

ふつーの1.6mmパスタの茹で時間は8~9分ほどなので、時間だけでなく燃料も1/3で済む
ことになりますが、ま、これもあくまで計算上なので、水や燃料は余裕を持って・・・

さらにちなみに・・・
わたくしはシンプルなペペロンチーノ・アーリオ・オーリオが好みで、そこにありあわせの
具材を入れることが多いので、我が家にあるパスタ類は殆どが1.4mmなんですが、たまには
こってりソースのパスタも食べたくなるので、1.6mm以上のも少量は常備している次第。

またレトルト・パスタソースでは細いパスタに合う(お安い)のに出会ったことがないので、
備蓄用やキャンプ予備用でレトルト・ソースとセットする際は、太めのパスタにしています。

さてさて、災害備蓄用の糧食にはローリングストックが重要なので・・・
これらも大量に早めに食べないとね・・・ずるずるずる



m98k at 20:05|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年04月16日

英国一家、日本を食べる、とか

英国一家、日本を食べる・・・

P4130898

マイケル・ブース著 寺島のぶ子訳 亜紀書房 2013年4月15日第1版第1刷発行

NHKでアニメ版が放映されてたのでご存知の方も多いでしょうが、その原作であります。
ちなみに原題は「Sushi And Beyond」


著者は英国サセックス生まれ、パリの
ル・コルドン・ブルーに学び、ロブションの三ツ星
レストランで働いた経験も持つフード・ライターで、それまでずっと日本料理をばかにしてて、
ル・コルドン・ブルーで知り合った若者トシ(カツトシ・コンドウ)といつも言い争いになり・・・

「お前は本当の日本料理が分かっているのか」

見かけばかりで味気ないことは充分に分かっている、脂肪もなけりゃ味わいもない、
生の魚にヌードルに揚げた野菜で、全て盗んだ料理、タイとか中国とかポルトガルとか・・・
まあ関係ないか、どこだっていい、なんでもショウユに突っ込むだけだから、みんなおんなじ味、
いい魚屋と切れる包丁さえあれば、誰だって作れるね」

で、業を煮やした彼から
1980年に初出版された辻静雄「Japanese Cooking:A Simple Art」
の2006年新装版をプレゼントされ、読んで(彼の前では平然としてたけど)大きな衝撃を受け、
ここに書かれた本物の日本料理が30年後の今も残っているのか確かめようと、デンマーク人の
奥さんと当時6歳と4歳になる息子の一家4人で2007年の夏に3ヶ月間、はじめて日本を訪問、
各地をひたすら食べ歩いた際の記録で2009年に出版された英語版の日本語抄訳版であります。

訳者あとがきにもありましたが、著者一人だったら単なる取材になっていただろうけど、
小さな子どもたちも同伴した家族旅行だったので、旅先での出会いがとても新鮮になり、
(そりゃあ日本で金髪の小さな
子どもたちと一緒に旅してたら人々の対応も変わるでしょう)
とても面白かったですし、はじめての日本と様々な料理に関するじつに的を得た、あるいは
完全に的を外した記述はもちろん、前述のような毒気を含むユーモアに満ちた文章が面白く、
あっとゆー間に読み終えました。



例によって目次のみのご紹介・・・

P4130899

ま、今回は読後メモなんぞはいちいち紹介しませんが、たとえば・・・

はじめての日本に旅立つ前に、自分に誓った誓約リスト(の一部)
・日本人がLとRの発音を区別できなくても、いちいちあげつらわない
・正しくない英語のメニューやTシャツの文字や店の名前を見ても、ばかにしたりしない
・日本文化を変だと思っても「地球にいながら他の惑星に行くのと同じ」なんていわない
・街中でゴスロリ・ファッションの女の子にこっそり近寄って写真を撮ったりしない
・夜の日本の都市を言い表すときにブレードランナーを連想したりしない
とかを並べたてて、守るのは難しいかもとか、はたしてどこまでやれるだろうとか・・・

ともかく毒気を含んだユーモアと自虐ギャグがいっぱいで、著者本人も書いてましたが、
何かに興味を持つと深く突っ込みたくなる性格だそうで観察眼も鋭く、じつに細部まで
よく研究されてて、わたくしの知らなかったこともいっぱいでした。



で、これの補足版である「英国一家、ますます日本を食べる」であります

P4130902

びみょーに表紙絵が替わってますが・・・
こちらは前書が日本でも評判になり、日本語版ではカットされてた部分をまとめた本で、
ま、日本ではこの2冊で1冊の本ということになりますね。


こちらもおなじく目次のみのご紹介・・・

P4130903

こちらでも、たとえば・・・

・特別番外編(著者もカニと温泉で虜になった)兵庫・城崎温泉の書き出し
→温泉好きの日本人に会ったら「城崎」と言ってみるといい
→その瞬間、きっとその人は夢見心地になる
→目はうつろになり、えもいわれぬ笑みを浮かべて白昼夢に耽る
→そういう時は落ち着いて・・・パチンと指を鳴らしてあげよう・・・
→うまくいけば、催眠術から覚めるみたいに、我に返ってくれる・・・

いやあ、じつに面白かったです。



で、ほぼ10年後に書かれた本当の続編「英国一家、日本をおかわり」

P4130906

著者・訳者は同じで、KADOKAWA 2018年3月29日初版発行
ちなみにこちらの原題は「The Meaning of Rice]

そう、ほぼ10年後に再び一家4人で日本を食べ歩いた際の記事がメインの本であります。


例によって目次のみ・・・

P4130908

この10年の間に和食が世界無形文化遺産に認定されUMAMIも世界中で認知されるようになり、
著者も日本のTVなどで有名になってたわけで、各地の料理もさらに深く追求されてますが、
こちらも、じつに見事な表現が随所にあり、たとえば・・・

・ウグイの熟鮨(なれずし)の見た目について
→まるで病気のラブラドール犬が、半分しか消化できなくて吐き戻した何かみたいだ・・・

・(大好きになって来日の都度こっそり持ち帰っているとゆー)柚子について
→レモンがスイスの花嫁学校に行ったとでもいうか、より甘く角が取れていて親しみやすい
香りがする。タンジェリンより酸っぱくグレープフルーツほど苦くない。
ヨーロッパの柑橘で一番似ているのは、たぶんベルガモットだ・・・

云々・・・



プロのフード・ライターなのに札幌のラーメン横丁では、味較べのための食べ歩きをして、

最初の店でスープまで全部飲んでしまい、それを繰り返してお腹がチャプチャプになったり、
大阪ではお好み焼き屋から串カツ屋、立ち飲み屋、うどん屋などを10時間ハシゴして延々と
食べ続け飲み続け、結局どこを食べ歩いたのか、どうやってホテルまで帰ったのか、まったく
思い出せないし、覚えていないとか、このあたりも、じつに親しみが持てました。


まあ、大阪は世界一の食の街であるとか、読んでくすぐったくなる部分もありましたが、
日本に限らず今の食や食文化の荒廃に対する警告や、逆に将来への希望についても書かれてて、
日本の伝統的な料理やその食材に関しても分かりやすく解説されてましたが、日本人が
ふだん意識していない部分も多々あって、やはり外からの観点というは新鮮ですね。



m98k at 11:11|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年01月05日

2年越しのOFF会???

2年越しのOFF会???報告であります・・・

ま、OFF会といっても、いつもの関西ライト仲間数人でのダベり会なんですが・・・

ちなみに世間では年末に忘年会や年越し蕎麦を、新年に初詣や新年会をとゆー風潮なので、
今回はあえて時系列や参加者は無視して世間の流れに沿った編集に・・・


まずは昨年の12月29日・・・
川端さんと2人、わたくしの実家で(川端さん提供による超高級)すき焼き忘年会!!!

PC290690

鹿児島産の黒毛和牛A5ランクの中でも4%の奇跡とゆーシロモノ・・・じゅるじゅる



二人はとーぜん関西風に・・・

PC290691

まずは少量のザラメ糖と醤油で軽く焼き・・・




PC290692

生卵を溶き、はふはふばくばく・・・殆ど噛まずに口の中で溶けて喉を通過します


で、これを何度か繰り返すのは98k流と同じでしたが、今回はじめて知った川端流では
次に野菜なんぞを割り下で煮てから引き続き(超)高級肉をのせ、すき煮風にされてました。

PC290696



PC290697

これはこれで格別のお味・・・ばくばく

98k流でも(やや)高級肉を砂糖と醤油で焼いて食べるまではほぼ同じなんですが、その後は
安物肉を玉ねぎと酒と砂糖と醤油で軽く焼き、上に野菜をのせ混ぜて蓋をして蒸し焼き風に。

まあ、これは流派の違いとゆーより肉レベルの違いとゆーべきか・・・

と、この夜は録り溜めた武のKAMIWAZAや魔改造の夜なんぞを延々と見続けダベり続けました。


で、世間では大晦日の夜に年越し蕎麦なんですが・・・

PC300701

wingさんを交え、3人で寒ざらし蕎麦を味わったのは12月30日のお昼でした・・・
そう、前夜は仕事納めの焼き鳥食べ放題とかで、彼は参加できなかったのでありますね。



そして新年を祝うお屠蘇・・・

PC300700

ではなく、こちらは30日に見ただけの焼酎・・・



初詣に住吉大社へ向かう川端さんとwingさん・・・

PC300704

ええ、撮影日は12月30日でしゅが・・・



と、早めの初詣の後は、わたくしの実家に戻って3人で・・・

PC290687

川端さん提供「ポテチ食べ比べ大会」とかでダベリ続け、30日の夜にはいったん解散。


ま、31日は我が家恒例の蕎麦すき、元日は奥様お手製のおせちとお雑煮で・・・

P1010686


P1010693

夫婦二人だけで自宅で飲んだくれてたのですが・・・


翌2日には(急用ができた
川端さんに替わり)わたくしが神戸でwingさんをピックアップ、
姫路のwing別邸に着いたのは午後2時前でした。

ほぼ同着した赤チャリさんとみよころさんと4人で、まずは今宵の寝床の確保・・・

P1020688

わたくしはビヴィカバーの中にエアマットとバロウバッグ1番とゆーいつもの冬キャン装備。





P1020690



P1020689

赤チャリさんはナンガ650の上下にマットやシュラフを敷き詰めて・・・




P1020691

wingさんはバロウバッグ・レクタングラータイプの1番とかで、わたくしははじめて
拝見したのですが、セットしたら「試し寝」で爆睡するのは彼の定番・・・



で、その後4人で買い出しした飲み物や食べ物、差し入れの飲み物なんぞで・・・

P1020685

新年会であります。じゅるじゅる



P1020692

マックスバリュのローストビーフと、みよころさんの美味しいだし巻にはじまり・・・



この日のメインは・・・

P1020694

最近では珍しい98kさんによる!!!深谷ねぎ中心のねぎ鍋であります!!!



で、ねぎが煮えてとろとろになる頃には・・・

P1020697



P1020696



P1020698



P1020699

次々と色が変化するとゆー七変化鍋!!! 
って、ライトを変えてるだけやないかっ!!!



とか、お腹がくちくなってくると・・・

P1020707

ニューヨークの摩天楼に現れるとゆー・・・






P1020704

降霊会とか・・・





P1020712_LI

エクトプラズム放出会とか・・・




P1020724



P1020725

エビラ対ゴレンジャーの戦いとか・・・





P1020720

おなじみのライト&甘味とか・・・



って・・・

P1020722

甘味もずいぶん買ってたのね・・・

と、結局この夜は3時過ぎまでダベり続けてました。

翌朝わたくしは9時に起床し、熱いコーヒーと甘味とサンドウィッチでまったり朝食、
全メンバーが起きてきたのはすでに昼前でした。

と、昼前に朝食を食べた約2名を除き、わたくしを含む約2名はコンビニ弁当買ってきて、
残った甘味や買い足した甘味でさらにダベり続けてたのですが、やがて食べ尽くし・・・

wing別邸に長年放置してあったベジタリアン用ラザニアのMREをば・・・

P1030738

少なくとも製造から10年は経過したと思われますが、ふつーに食べることができました。
同封の発熱材は作動しませんでしたが、さすがは保存料満載の米軍MREですねえ。
(ちなみに古いMREとかの試食は自己責任、よいこのみなさんは決して真似しないように)

と、さらにダベり続けて5時過ぎにようやく解散、Uターン・ラッシュもあり、わたくしが
大阪の自宅に帰り着いたのは3日の9時を過ぎてました。

とまあ、自宅での大晦日と元日を挟んでの2年越しOFF会でしたが、とても楽しかったです。

高級すき焼きや各種ポテチ、スタバやドトールのコーヒーパックなんぞの差し入れから
様々なお土産まで用意いただいた川端さん、美味しいだし巻きやお土産を用意いただいた
みよころさん、チリワインやいつもの「明るいおもちゃ」を用意いただいたwingさん、
買い出し往復も代行運転いただいた赤チャリさん、ありがとうございました。

お蔭で楽しい年末年始でしたが、果たしていつになれば大人数OFF会ができるのやら・・・



m98k at 01:55|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年11月24日

ひさしぶりのF8Fで・・・

先週の水曜日、ひさしぶりのシルヴァF8Fで、ひさしぶりの大泉緑地へ・・・

ええ、今年4月に行ったきりで以後は梅雨から夏の猛暑と秋の長雨が続き・・・へらへら

PB170671 (2)

途中の大阪市立大学のイチョウもすっかり黄葉してました・・・




ちなみに大和川の右岸には・・・

PB170679


PB170678

どーゆーわけか、サギさんとカワウさんが集結してました・・・



と、ふらふらと大泉緑地の大池に到着・・・ここまで自宅から約10km・・・

PB170698

この日も近所に住むダッシュP18乗りの友人と二人でのポタリング。



今回はじめて気づいた水琴窟・・・こんなのあったのね・・・

PB170701

ぴちょーん、ぴちょーんと響く音には確かに独特の風情がありますね。



大池には・・・

PB170707

カモさんも飛来してたので、パンケーキ・ズームから150(300)mmズームに交換・・・





PB170686



PB170683

さすがに近くなので、それなりに撮れました・・・

そーいや、カモさんの居る時期しか来てないなあ・・・しかも真冬は寒いし・・・



おなじみのサギさんも居たのですが・・・

PB170711

こちらは、さらに近づこうとすると、ぱたぱたと逃げ出しました・・・
住吉公園のサギさんなら野外宴会をはじめると近寄ってくるのですが・・・


少し離れた草むら(湿地)に移動してました。

PB170714




PB170712

ここでは蟲さんでも探してるのかな・・・



と、園内の周回路をのんびりポタリングして・・・

PB170725

古墳の一部を利用した???BMXコースであります。



PB170719

まだ小学校低学年ぐらいでしょうか・・・



PB170721

物凄いスピードとバランス・テクニック・・・

「どや、我々も二人で勝負しようか、同じ小径車やし・・・」

「二人とも転倒骨折は確実、やめておこう・・・」

「確かに・・・」

と、さらに周回路を半周して・・・

PB170727



PB170726

メインゲートのイチョウの黄葉も見事でした。


と、そそくさとおなじみの「ぎょうざの満州」まで戻り・・・

PB170730

おなじみのプレモルでまずは乾杯!!!



あっとゆー間に飲み干してしまい・・・

PB170732

おなじみの水餃子と焼餃子とレバニラで二杯目もかぱかぱ・・・




PB170734

さらに友人は常温の紹興酒なんぞもかぱかぱ・・・
ま、わたくしは夜から所用がありビールだけで我慢しましたが・・・



で、〆は期間限定の鶏チャーシューねぎラーメン・・・

PB170736

ええ、すでに食べる前に撮る段階を過ぎてましたが・・・




PB170737

ともかく完食完飲であります。
ちなみにここのあっさりスープとストレート麺のラーメンは好みです。げふっ



と、例によって水曜特価の冷凍餃子や生麺を買い求め、例によってあちこちで休憩しつつ、
ふらふらと押して帰る途中に後輪がゴトゴトしてるのに気づき、自宅で確認してみると、
なんと後タイヤが・・・

PB190660

以前交換した前タイヤと同じ症状になってました。

うーむ前輪よりややこしそーだけど、やはりタイヤ交換するしかないか・・・
と、某Amaz〇nを見てみると、同じタイヤが2019年12月には999円だったのに、
今は何と1460円になってました・・・これもコロナの影響なのか・・・ううっ

さてさて、どうしたものか・・・(と、続きは次回記事にて)



m98k at 11:24|PermalinkComments(2) mixiチェック